鼻の炎症

アレルギー性鼻炎の予防に知っておくと良い情報

クシャミや鼻水が出ると風邪かなと思ってしまいます。風邪とアレルギー性鼻炎の違いは、鼻水が出た時に、風邪かアレルギーか分からない事があります。一般的に風邪の時の鼻水は、ネバネバ、ドロドロしていて時間と共に変化が起こります。また熱が出たりする事もあります。アレルギー性鼻炎の時の鼻水は、サラサラで色が付いていないのが一般的で時間と共にあまり変化はしないものです。アレルギー性鼻炎の場合の第一の予防策として、原因の物質である花粉を入れないようにする事が大切です。生活環境や生活習慣を改善して、花粉との接触を避ける事が基本となります。花粉の飛ぶ季節は窓を開けない、特に雨の降った午前中は花粉が飛びやすいので要注意です。他には外出は極力控える、外出する時は、マスクや眼鏡、帽子を着用したり、花粉がつきにくい生地の服を着るなども効果的です。

アレルギー性の鼻炎に工夫する事

アレルギー性鼻炎には、様々な工夫をする事で改善されます。まずは予防をする事から始めます。予防の方法もいろいろあります。洗濯物は部屋干しにします。外に干したものはしっかり花粉を落してから取り込みます。まずは生活面での予防を十分に行います。予防法としては、花粉の回避の他にバランスの良い食事を心がける、十分な睡眠をとるという事も重要です。また喫煙や副流煙は症状を悪化させる原因になります。他には、前もって治療を開始する初期療法を工夫する事でアレルギー性鼻炎は改善されます。初期療法とは、花粉の本格飛散より1〜2週間前に治療を始める事です。初期療法のメリットは、花粉が飛び始めても症状が出始める時期が遅くなります。また花粉のシーズン中の症状が軽くなります。どんな治療方法に対しても人それぞれ合う合わないがあります。早めの対策と薬の継続が重要になりますので、これらを工夫して行う事でアレルギー性鼻炎は良くなります。